私は自らの事をあまり開放的にアピールする人間ではなく、暗い性格の子供でした。

根底にあったのはおそらく自身に対するコンプレックスだと考えます。

私はとにもかくにも自らの悪いところは隠すようにして生きてきました。

だから秘訣主義だったし、なるべく人と関わる事を避けてきたのです。

そのような私が変わったきっかけが脱毛だったのです。

脱毛して変わった事でナンバーワンに挙げたいのは必要ない毛が無くなった事ではないのです。

「明るくなった事」でした。

それまではすごく根暗でじめじめしたスタンスをしていました。

でも脱毛をしてからは吹っ切れたようになってそうした根薄暗さがなくなったのです。

脱毛で必要ない毛が無くなって心の内が軽くなるのと合わせて何か振り切れたようなそのような心情になりました。

それから随分明るくなったと考えます。

それは自らよりも世帯や周囲の友人が感じていて、どうやら私はすごく明るくなったようです。

自身ではそこまですごく変わったと思っていないのですけど、きっかけがあるとしたら確実に脱毛だったと思っています。

脱毛をして必要ない毛がなくなるだけじゃなくて、性格が良い方へと変わったのです。

それはすごく良い事だと思うし、自らでも良かったと思っています。

脱毛をするまでは自身を開放にできませんでした。

でも脱毛をしたら自身を隠す必須が無くなった気がして、何でも話せる仲間ができました。

脱毛はこんないい事を起こしてくれるのです。

これは私が脱毛して良かった移り変わりです。

脱毛について考える